ジェネリック医薬品とは何? | EDで悩み続ける男性は医薬品での治療を考えてみましょう!
menu

ジェネリック医薬品とは何?

成分表と薬

バイアグラなどの医薬品は「ジェネリック医薬品」として販売されていることが多いです。
このジェネリック医薬品という言葉は聞いたことがあるでしょう。でも、具体的にどのようなものなのかは知らない人も多いのではないでしょうか。
ジェネリック医薬品とは海外で完成されている医薬品を日本の製薬会社が日本人の口に合うように改良して、販売している医薬品のことをいいます。
ここである疑問が生じます。それは「日本のメーカーが作って、販売したほうが利益を出せるのではないか?」と。
それが簡単にできれば既にやっているのです。実は医薬品を一から人の口に安心して入れることができるまでは途方もない時間とお金がかかるのです。
まず、それらを行なう人材を用意しないといけません。医薬品の材料となるものやそれらを管理するための機械や施設が必要になります。
しかも、2,3年できるというわけではありません。最低でも10年は見据えておかないといけないのです。なので、結果的に何十億という費用が必要になってしまうのです。仮に完成して販売しても、それだけの費用の元を取らないといけないので、どうしても高額になってしまうのです。
それだったらはじめから完成しているものを改良して、販売したほうが会社もお客さんも負担が少なくて済むのです。
このジェネリック医薬品は今後もどんどん増えていくことは間違いありません。今でも多くの病院などで処方されています。